ニキビ 食事

MENU

食べ物でニキビが治る?

チョコレートを食べるとニキビがひどくなる。揚げ物はニキビの天敵。このように、昔からニキビにはカロリーが多い食べ物は良くないと言われてきました。

では食事内容を見直せば、本当にニキビは良くなるのでしょうか?

 

生活面からニキビの改善を目指すなら、

睡眠不足の解消

 

規則正しい生活

 

食事の改善

 

といわれます。

 

ニキビ ジャンクフード

 

実際に暴飲暴食やジャンクフードばかりを食べていると、肌の調子が悪くなり荒れてしまい、中には乾燥肌や敏感肌になってし合う人もいます。

 

荒れて弱った肌は、

皮脂が多かったり

 

毛穴が開いていたり

 

ニキビが発生する条件が揃うことになります。しかし肌の状態を改善して健康を取り戻すことで、ニキビを治すことができます。

ニキビケアの基本は清潔と保湿

 

 

肌をいつも清潔にしていることでアクネ菌の増殖を抑え、保湿で肌の状態を整えていくとニキビに打ち勝つことができる健康な肌にすることができます。

 

食事を改善することは、体の中から肌の保湿をしているようなものです。

 

肌に良いとされるビタミン類

肌だけではなく免疫力を高め、体を整えるのには欠かせない栄養素です。
人参、かぼちゃ、しその葉、レバーなどにあるビタミンAは、毛穴のつまりを防ぎ、肌の新陳代謝を促進し、潤いもキープします。

 

ビタミンB2

 

卵、乳製品など

 

ビタミンB6

 

まぐろ、カツオなどに含まれており、皮脂の分泌を調整して新しい肌の元になります。

 

ビタミンC

 

緑黄色野菜、くだものに多く、コラーゲンの生成を促進してメラニンの抑制をする美肌の強い味方です。

 

ビタミンE

 

緑黄色野菜、レバー、カツオなどにあり、ビタミンCとの相乗効果があり、非常に高い抗酸化作用と血流の改善で美しい肌を実現します。

 

ビタミンのほかにも、

カルシウム

 

マグネシウム

 

亜鉛

 

などはホルモンバランスをととのえ、鳥皮などには新しい肌の原料にもなるコラーゲ ンが大量に含まれています。

 

食物繊維

 

サツマイモやゴボウ、キノコ類などは腸を整えて脂質代謝を高めて、体全体を整えます。

ニキビ 食べ物

これらの食物をバランスよく摂ることで、内側から整えニキビのない肌にするのです。

 

理想的には、これらの食材をバランスよく食べることですが、自分では料理ができない人もいるでしょう。

 

外食でも、コンビニのおかずでも良いので、揚げ物をやめてその分野菜料理を一品増すだけでも違います。

 

ストレスがたまったと思ったら、たまにはチョコレートを食べてもいいのです。ただし、食べ物の中心はあくまで栄養バランスの整ったものです。時間はかかりますが、食事を整えるとやがて得がやってきます。

 

 

・睡眠編

 

・運動編

 

・ストレス編

 

>>リプロスキン低コストの使い方 TOP