ニキビ 睡眠

MENU

ニキビの改善は睡眠から

「睡眠不足をするとお肌が荒れる」これは、誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。

眠っている時、人はただ休んでいるだけではなく、健康を保つために体の内部でさまざまな機能が動いています。

 

肌も例外ではなく、眠っている間に修復や疲労回復が行われているのです!

 

眠りは疲労回復やストレス解消の為にはなくてはならないものです。眠っている間に、成長ホルモンが活発に分泌されて

疲れをとったり

 

肌のターンオーバーを促進したり

 

いきいきとした体を作っていきます。特に午後10時から午前2時までの間は、成長ホルモンの分泌が活発なるので、この時間はぐっすりと眠っている必要があります。

 

ニキビ 睡眠

成長ホルモンは肌をリフレッシュしますが、寝入ってから2時間たたないと分泌は活性化しません。0時になるからとあわててベッドに入っても遅く、22時にはぐっすりと眠っている状態が理想なのです。
(※まー社会人ともなると22時には就寝と言うのは現実的に難しい問題だったりするので、なるべく夜更かしをせずに早めに寝る事を推奨いたします)

睡眠時間が短いと、どんなにケアをしても肌は荒れていきます。荒れた肌にニキビが出てしまうとなかなか治らず跡も残ってしまいます…またニキビがある肌はただでさえダメージを受けています。肌が回復しようとしても、夜更かしをしては修復のための時間を無駄にしていることになります。

そうは言っても、忙しい、寝つきが悪いなでで質の良い睡眠をとることができない人もいます。

 

良い睡眠をとる方法

 

寝る前にお酒を飲まない

 

お酒を飲むと寝つきはよくなりますが、実際は浅い眠りを繰り返すことになり、疲労回復は望めません。

 

寝る前にコーヒーや紅茶は飲まない

 

カフェインは、飲んでから30分ほどたってから効果を発揮します。終身前に飲むなら、ホットミルクやハーブティーにしましょう。

 

寝る前に入浴しない

 

入浴直後は、体温が上昇して血行がよくなり交換神経が活発になります。体は覚醒して眠りどころではなくなります。

 

眠る前にパソコンやテレビを見ない

 

パソコンやテレビの明るい画面を見ていると、交換神経が刺激されて脳はいつまでも目覚めた状態になります。安眠のためには、30分前にはパソコンもテレビも消してしまいましょう。

 

どうしても早く眠れないならそれでも構いませんから、眠る準備を整えるだけで、短い時間でも質の良い眠りを体験することができます。

 

毎日、眠る時間と起きる時間を規則正しくするだけでも、肌の調子が良くなりニキビが少なくなるかもしれません!

 

・食事編

 

・運動編

 

・ストレス編

 

>>リプロスキン低コストの使い方 TOP