ニキビ 紫外線

MENU

ニキビを悪化させる紫外線

紫外線は肌の天敵と言っても過言ではないでしょう。日に焼けるとシミが残り、乾燥を進ませてシワを増えていく原因も、紫外線にあります。

ニキビ 紫外線

 

長い年月、強い紫外線を浴び続けると、肌の老化が進むだけではなく酷い時には皮膚ガンを発症したりします。

 

そんな紫外線にも良い面もありますが、体内でのビタミンDを作るには、紫外線がなければならず不足すれば健康を損ねることになります。
が、やはりニキビにとっては悪化を招いてしまう悪者なのです。

 

紫外線には

UB-A

 

UB-B

 

UB-C

 

の3種類があります。このうちUB-Cはオゾン層に阻まれて地上には届きません。

肌やニキビに関係があるのは、UB-AとUB-Bです。

UB-A

 

ガラスなどでは防ぐことができずに、年間を通して常に降り注いでいる紫外線です。肌の奥の真皮にまで到達して、皮膚の原料であるコラーゲンやエラスチン繊維を作る細胞を傷めてしまいます。このために肌の再生がスムーズに運ばなくなり、シワが増え老化を促進することになります。

 

UB-B

 

表皮に影響を与えます。日焼けをおこしソバカスの原因を作りますが、こちらは真夏に増えてガラスでも遮断することができます。

 

ちなみに日焼けとは、紫外線からDNAを守るためにメラニン色素が活発化する、体の防御作用です。紫外線を浴びて日に焼けると、肌が極端に乾燥して角質が硬くなります。この状態が続けば、肌を守るために皮脂が増えて毛穴も開いたままになります。

ニキビはここで発生します

ニキビがある肌がさらに紫外線に曝されると、大量の活性酸素が発生して炎症を招くことになります。炎症が止まらずに進行すると、クレーターのような凸凹した跡になり、そこまで悪化しなくてもメラニンの影響で茶色く色素が沈着してしまうのです。

 

何もケアをしないでいると、次々とニキビは発生して悪化を繰り返し、広い範囲にニキビ跡が残ることになるでしょう。

 

ニキビ予防と治療にUBケアも必要

一年中、外出するときには日焼け止めを塗る必要があります。ただし合成界面活性剤や紫外線反射材が含まれている日焼け止めは、肌にとっては刺激が強く、肌荒れをおこす切欠になるかもしれません。

 

合成界面活性剤の入ったUBクリームを塗っただけで、乾燥肌になった人もいるくらいなので十分な注意が必要です。日焼け止めは、できるだけ肌にやさしい低刺激のものを選びましょう。

 

外出から戻ったらすぐに洗顔をして日焼け止めクリームや汗、皮脂などを洗い流します。そして、しっかりと保湿をするとニキビなど気にならなくなるはずです。

 

 

>>リプロスキン低コストの使い方 TOP